全病P連の組織

全国にある病弱校、分校、学級等の単位PTAを基本に構成しています。

理事会・大会開催
本会の大会開催は これまで、毎年、東京で開催されている全病長大会に合わせ、本会の理事会・大会を開催し保護者と校長先生の出席(代理)で活動報告や情報交換及び係る課題等について協議を重ねてきていましたが、平成27年度より、校長先生方の大会期間が短くなったため、大会が難しくなりました。
またコロナ禍で、現在は書面開催で凌いで来ましたが、令和4年度はオンラインで理事会を開催して、大会は理事会の報告を大会冊子にして全国の会員校に郵送して、報告しております。

主な活動
  • 全国の病弱校との交流として全病連大会、地区病連大会に参加してPTAの皆さんの活動の様子を把握して全国の会員に会報を通じて報告しています。 国庫補助、JKA(自転車振興会=競輪)の補助を受けて 「福祉相談」、「保護者研修会」「集団キャンプ」「社会自立を目指した研修、体験講座」等をを実施しています。
  • 会報を年一回発行しています。
  • 国への要望を他の障害種別PTA連合会と一緒に行っています
  • 関係団体の大会(全国推進連盟の振興大会)に参加して、国の動きや地区別支援教育の研究の動向を参考に本会の運営に役立てています。